プロペシアの副作用でEDになる?

プロペシア

 

プロペシアには勃起不全でもあるedなど、男性機能を低下させてしまう副作用が稀に起きる事が在ると言います。

 

 

この副作用が起きる確率は低いのですが、プロペシアには勃起不全などの副作用が稀に有るという事なのです。

 

プロペシアによる副作用には抑うつ、顔や唇などが腫れる症状、発疹、じんましんなどの症状、精巣痛、勃起不全、精子の量の減少や精液の減少に伴う男性不妊などが在ると言われています。

 

尚、これらの症状が起きた場合は服用を止める事と、かかりつけの医師に相談をすることが重要なのです。

 

 

所で、プロペシアと言うのは薄毛を抑制させるために利用する医薬品です。

 

 

最近は通販でも購入する事が出来るのですが、この医薬品に効果があるのは男性型脱毛症でもあるAGAに限ると言います。

 

 

そのため、薄毛が気になりだし、安易に利用する事で男性機能を低下させてしまう可能性も高くなります。

 

 

プロペシアは男性型脱毛症の原因とも言われているDHTを抑制させる効果を期待する医薬品です。

 

 

男性型脱毛症と円形脱毛症は原因が根本的に異なるものだと言われており、遺伝子検査を受けることで男性型脱毛症であるかどうかが明確になります。

 

 

DHTと言うのは、男性ホルモンの一種でもあるテストステロンが酵素と結びついて作り出される物質です。男性型脱毛症の症状を持つ人の頭皮細胞組織はDHTが高濃度で存在しており、DHTによりヘアサイクルの成長期を短くしてしまい、薄毛が進行していくことになります。

 

 

これに対して円形脱毛症はDHTとの関連性はなく、ストレス、就活習慣などを改善する事で症状を緩和させることが出来ると言います。

 

 

しかし、円形脱毛症の場合にプロペシアを利用する事で男性機能が低下してしまうという事も起きる可能性は無いとは言い切れません。そのため、検査を受けることが重要なのです。

 

 

なお、そのような副作用が怖いと言う方は、副作用の危険性が低い『医薬部外品の育毛剤』で治療をされるのが良いでしょう。次のページで育毛剤の詳しい選び方を解説していますので、そちらを参考にしてみてください。

 

⇒ 頭頂部に効く育毛剤の選び方