仕事のストレスと薄毛

誰しも薄毛や抜け毛は気になるものです。近ごろではストレスが原因で薄毛になる男性が増加傾向にあります。

 

ストレス

 

現代社会では仕事が多忙で残業はあたりまえ、会社での人間関係がうまくいかない、嫌いな上司がいるなどで、現代人の多くがストレスを抱え ながら生活しています。

 

 

ストレスは髪の毛の健康を阻害するので、これをためたままにしておくと、髪の毛にとっても健康にとっても良くないのです。

 

 

薄毛や抜け毛を改善しようと、毎日ヘアケアを入念に行ったり、どれだけ髪によいといわれる食事やサプリメントを摂っていても、日々ストレスを感じていれば、回復は見込めないのです。

 

 

なぜ、脱毛を引き起こしてしまうかというと、ストレスを溜め込むことによってからだ中の血管が収縮し、血行が悪くなります。

 

 

髪の毛は頭皮の毛細血管から栄養補給され、健康な状態を保っていますが、血管収縮により頭皮へ十分な栄養が届かなくなり、現状を維持できずに抜け落ちる場合があります。

 

 

また、自律神経を攻撃してホルモンバランスを乱して薄毛の進行を促進します。男性型脱毛症の原因とされているのは、血中に存在するジヒドロテストステロン(DHT)になるのです。

 

 

そのDHTが分泌されれるのを助長したり、女性の特有に薄毛であるびまん性脱毛症の原因の女性ホルモンのバランスを崩したりしてしまいます。

 

 

他には円形脱毛症や、不眠症、内臓機能の低下が髪の毛に必要な栄養素の生成を妨げて、抜け毛を促進させてしまうことがわかっています。

 

 

 

これ以上、ストレスを溜めこまないことが大切なのですが、人間は生きていくうえで回避はできないものです。その日に溜めたストレスはその日に発散してしまうことがキーポイントとなります。

 

 

気心が知れた友人とお酒を飲みに行ったり、遊びに行くのも良いです。また、ハーブティーなどを飲んでリラックスすることが大切です。