頭頂部の育毛のツボ百会

男性であれば一度は気にしたことがあるのが、頭髪の問題であると言えるでしょう。頭髪は、毛根が育つことによって、その髪の毛が育っていきますが、若いうちであれば、そこまで気にならない髪の毛も、年齢を重ねるうちにどうしても、頭頂部が薄くなってきたり、おでこの生え際が徐々に後退していくことに不安を感じる人も少なくありません。

 

 

後頭部禿げ

これは、男性特有の脱毛症である、男性型脱毛症を発症していることも多く、いくつかのタイプによって、その対処法というものは変わってきます。

 

 

一つ目のタイプとしては、おでこの生え際がだんだんと後退していくタイプの脱毛症ですが、これは、男性ホルモンが間接的に影響しているために、起こってくる脱毛症であるために、頭皮の血流を良くするだけでは対処できないというのが大きな特徴です。

 

 

それとは別に頭頂部の部分から薄毛や脱毛が発症してくるタイプがありますが、これは、頭髪の血流不足が原因の一つと考えられますので、適切なマッサージをすることによって、頭頂部の血流を上げることで、ある程度解消することができる脱毛症です。

 

 

ここでお勧めなのが、頭頂部の真ん中のあたりにある百会と呼ばれるツボです。百会というツボは、耳のてっぺんからまっすぐ頭をつたって、頭のてっぺんに到達するところにあるつぼです。

 

 

このツボをマッサージすることで、頭皮の血流を上げる効果があるだけでなく、痔などの症状も抑えることができますので、万能なツボであることは言うまでもありません。マッサージの仕方ですが、まずは、百会の周りを指でもむようにマッサージし、百会の部分は、上から力をいれば、グッと押すのが良いでしょう。もちろん、あまりに強くやりすぎないことも大切です。

 

⇒ 頭頂部に効く育毛剤の選び方@大切な3つのポイント