頭頂部の薄毛の原因

頭頂部の薄毛が引き起こされる原因はいくつかありますが、その一つとして挙げられるのがAGAです。

 

 

AGAは男性型脱毛症の事であり、多くの男性の薄毛の原因になっています。

 

医者

 

そのAGAというのは、還元酵素5αリアクターゼという物質とテストステロンという物質が結合する事によってDHTと呼ばれる強力な脱毛物質へと変換され、生成されたDHTによって脱毛が引き起こされてしまう脱毛症です。

 

 

非常に強力な脱毛物質ですので人によっては急速に薄毛になってしまう事もあるのです。また、頭頂部だけを薄くするだけでなく、生え際から薄くなる事もありますし、双方から薄くなる方も少なくありません。

 

 

その為、頭頂部や生え際が薄くなってきたと感じたらAGAの発症を疑ってみる必要があります。頭頂部にせよ生え際にせよ、薄毛になってしまうと気になるものですので、症状が出た際にはしっかりと対策をしたいものです。

 

AGAによって薄くなってしまった時にはどんな対策が必要になるのかと言いますと、定番となっているのが治療薬の利用です。

 

 

一昔前ですと治療薬がありませんでしたので、なかなか効果的な対策を行う事ができない状態でしたが、今はAGAに対して効果的な治療薬がありますので、AGAが発症してしまった時でもしっかりと対策を行う事ができます。

 

 

ただ、治療薬を利用したからといって発毛する訳でもないのです。

 

 

治療薬は問題となっている脱毛物質を作らせないようにする為だけの存在ですし、発毛させる力はありません。

 

 

その為、発毛させる為には発毛対策も必須になりますので、育毛剤を活用して発毛を促進したり、他にも生活習慣の改善も行って丈夫な髪の毛が育ち易い状態にする事も必要不可欠です。