男性ホルモンDHTが薄毛引き起こす

男性型脱毛症はAGAと呼ばれている薄毛です。

薄い毛の男性

 

また、男性型脱毛症は遺伝が大きく関与していると言われおり、遺伝子検査を受ける事で男性型脱毛症であるかどうかが解ります。

 

 

男性型脱毛症と言うのは、遺伝によって男性ホルモンのテストステロンが、毛乳頭にある還元型酵素と結合する事でDHTと呼ばれる物質に変換されることで薄毛の症状が起きるのが特徴です。

 

 

DHTは、髪の毛の成長期を短くしてしまう性質が在り、細く短い状態で毛が抜け落ちてしまい、髪の毛が少なくなり、薄毛の症状を引き起こすことになります。

 

 

男性型脱毛症は成人男性に多くみられるのが特徴で、60代などの薄毛とは異なり、男性ホルモンが大きく関与している事からも、DHTを抑制させることでヘアサイクルを但し、抜け毛などの進行を抑制する事が可能になります。

 

 

因みに、男性型脱毛症には頭頂部が薄くなる症状と、生え際が後退していくと言う2つの症状が在ります。

 

 

頭頂部が薄くなる症状は、頭のてっぺん部分が丸い形に薄くなることからも、O字型とも呼ばれています。円状に禿げるからOとは、なんとも辛いネーミングですよね。

 

 

そのして、もう一つの種類のハゲが、額の生え際部分が徐々に後退して薄くなる症状で、これはMの文字のようになることからも、M字型と呼ばれています。

 

 

このように男性型脱毛症には、頭頂部のO字型と、生え際部分のM字型の2つが在り、両方が一度に症状として現れる場合と、片方だけの2通りが在ります。

 

 

尚、頭頂部や生え際部分で起きている場合、DHTが原因となっている事が多いのです。

 

 

ただし、治療でミノキシジルやフィナステリドを使うなら、自己判断で医薬品を利用するのではなく、専門医での遺伝子検査を受ける必要が在ります。

 

 

DHTを抑制する効果を持つプロペシアは男性型脱毛症には効果が在りますが、他の脱毛症についての効果は無く、それぞれの症状に合った治療を行う事が重要なのです。

 

 

手軽に治療に取り組のであれば、次のページで紹介しているようなチャップアップやブブカのような育毛剤を活用されるのが良いでしょう。

 

⇒ 頭頂部用の育毛剤ランキングはこちら