頭頂部の薄毛は遺伝するものなのか?

頭頂部の薄毛は遺伝すると言われていますが、間違っているという証拠はまだ無いので身内に薄毛の方がいるときは注意が必要です。また、父親よりも母親が薄毛だと男の子供が薄毛になってしてしまうことが多いようです。

 

 

人間は染色体と呼ばれる細胞によって体の機能等を後世に伝えていきます。染色体にはX染色体とY染色体があり、男性の場合はX染色体とY染色体を持ち,女性の場合はX染色体を2本持ちます。

 

 

この内、X染色体については髪の毛に影響する男性ホルモンに関する染色体であり、多くの場合、父親からはY染色体を母親からX染色体をもらうため、母親の男性ホルモンに異状があり、髪の毛に問題があると、子供、特に男の子が男性ホルモンの異状により髪の毛に問題が発生する場合が多いようです。

 

DNA

 

また、髪の毛に関する情報は優先的に伝わると考えられているため、かなりの確率で子供、特に男の子に伝わることになるようです。

 

 

髪の毛は今は薄くなくても、特に頭頂部は気付かないうちに一気に進行してしまう方が多いようです。頭頂部のみならず、髪の毛、毛根のメンテナンスは日頃から気をつけ、特に洗髪で毛根を綺麗にすることを重視し、シャンプーを綺麗に落とすことも忘れないようにしたいものです。

 

 

髪の毛のうち、頭頂部は年をとって見えたりなどの見た目の印象をがらっと変えるほど影響があります。髪の毛は一度薄くなってしまうと取り戻すのにさまざまな努力が必要であり、努力のかい無くさらに進行してしまう方も少なくありません。

 

 

髪の毛が抜けてきた、髪に弾力がない等、髪の毛の異状は日頃から気をつけることで察知できます。髪の毛の問題については市販の発毛剤も増えてきていますし、発毛の専門医も増えていますので早期発見早期治療が有効です。

 

 

⇒ トップページへ